旅wiki

旅人のための情報をまとめてみました!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー


はじめに

  • 旅wikiとは
  • 編集の仕方

情報提供


運営

国別:パレスチナ

パレスチナ

パレスチナは、地中海東岸の歴史的シリア南部の地域的名称。西アジア・中東に位置する。 首都はエルサレム。 エルサレムは、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖地として長年宗教対立が起こっており、「パレスチナ問題」と言われている。


基本情報

通貨

通貨はshekel(シュケル)。補助通貨はagora(アゴラ)略称はILS。

パスポート/ビザ

・パスポート残存期間

6ヶ月以上必要。

・ビザの種類

90日以内の観光はビザ不要。

物価

1シュケル=33.71円 (2021/06/14時点)

パレスチナの物価は、ミネラルウォーターが1.5Lで2.5シュケル(84円)、食事は20~45シュケル(674~1,517円)。

言語

パレスチナではアラビア語とヘブライ語が話されている。

時差

日本との時差は-6時間。

SIM/Wi-Fi

パレスチナでSIMを購入できる通信会社はJAWWAL、Wataniyaがある。 またイスラエルの通信会社であるCellcom、Partner、Plelephoneなどの大きなキャリアのSIMも取り扱っていることが多い。 SIMカード購入の際にはパスポートの提示が必要。

電源プラグ

プラグのタイプはCタイプ。 電圧は220ボルト、周波数は50ヘルツ。

気候

パレスチナは夏はうだるように暑く、非常に乾燥している。 冬は涼しくほぼ晴れ。 1年を通して、気温は11°Cから37°Cに変化するが、7°C未満または41°Cを超えることは滅多にない。

宗教

イスラム教、キリスト教、ユダヤ教が存在する。

祭り

聖ゲオルギウスの祝祭

聖ゲオルギウスの日は4月23日に行われるが、パレスチナ地域では東方教会の暦に従い、祝祭は毎年5月5日から5月6日に行われる。 開催地はベツレヘムのすぐ南側にあるパレスチナの町で、聖人と同じ名前を持つアル=ハディル。

世界遺産

空港から中心地まで

パレスチナには空港がないため、イスラエルのベングリオン空港から陸路で向かうことになる。 ベングリオン国際空港からエルサレム市内へは直行のシェルートと呼ばれる乗合バスがあるため非常に簡単に行くことができる。 所要時間は40~50分。

大使館情報

住所:The Museum Tower | 19th and 20th Floor, 4 Berkowitz (Berkovich) Street, Tel-Aviv 6423806, Israel

在イスラエル日本大使館HP

※パレスチナには日本大使館はなく、イスラエル大使館の管轄になっている。

電話:03-6957292

その他追記事項


楽しみ方

主な観光地

イエス生誕の地

バティール

代表的な料理

  • ファラフェル
  • マクルー
  • マルマオーン
  • マハシ・ワ・ワラク
  • フール・ムダマス

アクティビティ

日常会話

挨拶

  • 「こんにちは。」 アッサラーム・アライクム
  • 「名前は何ですか。」 マー イスムカ?
  • 「私の名前はXXXXです。」 イスミー XXXX
  • 「どうもありがとう。」 シュクラン
  • 「さようなら。」 マアッサラーマ

数字

  • 「0」 ・ スィフィル
  • 「1」 ١ ワーヒド
  • 「2」 ٢ イスナーニ
  • 「3」 ٣ サラーサ
  • 「4」 ٤ アルバァ
  • 「5」 ٥ ハムサ
  • 「6」 ٦ スィッタ
  • 「7」 ٧ サバァ
  • 「8」 ٨ サマーニァ
  • 「9」 ٩ ティスア
  • 「10」 ١・ アシャラ

近隣の国

イスラエル

旅人の口コミ

国別/パレスチナ.txt · 最終更新: 2020/06/13 15:23 by travelworkers