旅wiki

旅人のための情報をまとめてみました!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー


はじめに

  • 旅wikiとは
  • 編集の仕方

情報提供


運営

国別:ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置している。 首都はサラエボ。 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつからなる連邦国家でもある。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側と南西側がクロアチア、東側がセルビア、モンテネグロと接する。 ユーゴスラビアから独立する時に独立の可否や国のあり方をめぐって、ボシュニャク人・クロアチア人・セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った歴史を持つ。


基本情報

通貨

通貨はKonvertibilna marka(兌換マルク)。補助通貨はFening(フェニング)略称はBAM。

パスポート/ビザ

・パスポート残存期間

出国時3ヵ月以上。

・ビザの種類

90日以内の観光・業務目的はビザ不要。

物価

1兌換マルク=68.08円 (2021/06/13時点)

ボスニアヘルツェゴビナの物価は、ミネラルウォーターが1兌換マルク(68円)。ランチで8兌換マルクほど(545円)。レストランで外食すると10~20兌換マルク(681~1,362円)。

言語

公用語はボスニア語、クロアチア語、セルビア語。

時差

日本との時差は-7時間。

SIM/Wi-Fi

SIMを購入できる通信会社はBH Telecom、m:tel、Eronetが主要である。 この中ではBH Telecomとm:telがボスニアヘルツェゴビナ内のシェアではトップ。 SIMカードは街中の売店などでも取り扱っている。

電源プラグ

プラグのタイプはC、Fタイプ。 電圧は220ボルト、周波数は50ヘルツ。

気候

夏でも平均20度前後と昼間は過ごしやすいが、朝夕は長袖が必要なほど肌寒い。 冬は平均でも0度前後と非常に寒いため、観光には5月から9月くらいが望ましい。

宗教

宗教はボシュニャク人の多くはイスラム教、クロアチア人の多くはキリスト教(ローマ・カトリック)、セルビア人の多くはキリスト教(正教会)。

祭り

世界遺産

空港から中心地まで

サラエボ国際空港から市内へはタクシーがある。 料金は25~30マルカ(1,702~2,042円)。 空港から市内までは12キロほど。

大使館情報

住所:Bistrik 9, 71000, Sarajevo

在ボスニアヘルツェゴビナ日本大使館HP

電話:+387-33-277-500

その他追記事項

楽しみ方

主な観光地

モスタル旧市街の古橋地区

ヴィシェグラードのメフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋

中世墓碑ステチュツィの墓所群

代表的な料理

  • ブレク
  • クレペ
  • シャレーナ・ドルマ
  • ボサンスキ・ロナク
  • スヂュキツェ

アクティビティ

日常会話

挨拶

  • 「こんにちは。」 Dobar dan(ドーバル ダン)
  • 「名前は何ですか。」 Kako se zovete(カコ セ ゾヴェテ)
  • 「私の名前はXXXXです。」 Zovem se XXXX(ゾヴェム セ XXXX)
  • 「どうもありがとう。」 Hvala!(フヴァーラ)
  • 「さようなら。」 Bok! / Doviđenja.(ボク/ドヴィヂェーニャ)

数字

  • 「0」 nula(ヌラ)
  • 「1」 jedan(イェダン)
  • 「2」 dva(ドヴァ)
  • 「3」 tri(トリ)
  • 「4」 četiri(チェティリ)
  • 「5」 pet(ペト)
  • 「6」 šest(シェスト)
  • 「7」 sedam(セダム)
  • 「8」 osam(オサム)
  • 「9」 devet(デヴェト)
  • 「10」 deset(デセト)

近隣の国

クロアチア

セルビア

モンテネグロ

旅人の口コミ

国別/ボスニア・ヘルツェゴビナ.txt · 最終更新: 2020/06/28 17:43 by travelworkers